やっぱり気になる?インプラントの費用の相場

インプラントと義歯

では、インプラントとそれ以外の義歯では何が異なるのでしょうか。

歯が抜けたり破損したりした場合の治療法は、歯の上から冠のようにかぶせる義歯や、隣の歯に支えをかけて留める義歯(ブリッジ)、総入れ歯などが一般的です。
ただしこれらの治療法では、支えになる骨には何も施されておらず、ただ歯ぐきの上にのせている状態なので、はずれやすかったり、強く噛むことができなくなってしまったりします。
また、天然歯の場合は、噛んだときの刺激が歯根から顎の骨に伝わり、骨の発達を促すのですが、これらの義歯では骨に刺激が伝わらないため、骨細胞の再生産が止まり、顎の骨がどんどん痩せていき、変形してしまいます。
インプラントでは、歯根の代わりを果たすフィクスチャーから顎の骨へと刺激が伝わるため、顎の骨が退化することはありません。

インプラントとこれらの義歯は併用されることもあります。
抜けた歯の本数が多い場合、全ての歯にインプラント治療を行おうとすると、身体的にも経済的にも大変なことになります。
そのような場合、抜けた歯よりも少ない数のフィクスチャーを埋め込み、その上から連結した義歯をかぶせるという方法があります。
インプラントと義歯の連結にはマグネットを使う方法があり、これは普通の義歯よりも支えがしっかりとし、つけはずしが容易なので、手入れが簡単になります。
インプラントの治療法には様々なものがあるので、自分に必要な治療法を医師と相談して決めていくと良いでしょう。
ツイートする

Copyright (C)2018やっぱり気になる?インプラントの費用の相場.All rights reserved.