やっぱり気になる?インプラントの費用の相場

治療が行えない場合とは

インプラント治療は前述したように、歯根を顎の骨に埋め込むという外科手術が必要になります。
一定の治療期間も要する、大掛かりな治療になりますので、できる人とできない人があります。
インプラント治療は技術の進歩が目覚ましい分野で可能性がどんどん広がっていますが、それでも治療が不可能なケース、難しいケースはあります。
ここでは、そんなケースについてみていきたいと思います。

直接的な要因では、顎の骨が細かったり、固さが足りなかったりする場合です。
この場合は、骨造成を行い、手術を行うのに充分な骨を回復させてからインプラント治療に入ります。
また、歯周病で歯の土台部分に炎症がおこっている場合も、それを治療させてからでないとインプラントが行えません。

また、身体的な要因によってインプラントが難しくなることがあります。
重度の糖尿病患者の場合、最近の感染に弱いため、歯周病になる危険性が高くなります。
歯周病になると、土台である骨の部分に影響を及ぼす可能性があるので、注意が必要です。
血糖をコントロールでき、低血糖を維持している場合は治療が可能となります。
重度の腎臓病の場合は、フィクスチャーと骨との結合が難しいことがあります。
人工透析を受けている場合や肝臓病の場合も、外科手術後の止血が困難になる可能性があります。
骨粗鬆症の場合も、顎の骨の状態によっては治療が難しいことがあります。
また、喫煙も口腔内の細菌の増殖を促し、歯周病になりやすくなります。
リスクを減らすには、禁煙が必要になります。
ツイートする

Copyright (C)2018やっぱり気になる?インプラントの費用の相場.All rights reserved.