やっぱり気になる?インプラントの費用の相場

インプラントの治療法

まずは、インプラントの具体的な治療法からみていきましょう。

歯ぐきの中には顎の骨があり、その中に歯根が埋まっています。
歯の根が骨によってしっかりと支えられているので、天然歯はぐらつくこともなく物が噛めるようになっています。
インプラントの場合、顎の骨に歯根の代わりになるもの(フィクスチャー)を埋め込み、それに歯冠を取り付けます。
フィクスチャーはチタンかチタン合金のものがほとんどです。
チタンは非常に生体親和性が高いので、顎の骨と結合します。
骨にフィクスチャーを埋め込み、骨と完全に結合するまで3ヶ月くらい待ちます。
結合するまでの期間は、技術の進歩により段々と短くなってきています。
結合の間は、仮歯をかぶせておくので、見た目には全然わかりません。
フィクスチャーが骨と結合したら、アバットメントという部品を取り付けます。
アバットメントはフィクスチャーと歯冠部分を連結するための部品で、大体はチタンかチタン合金製です。
アバットメントの上から歯冠部分を取り付ければ、完成になります。
歯冠部分には、見た目が美しく丈夫なセラミックが用いられることが多いです。
強い衝撃が加わったときは、まれに歯冠部分は破損することがあるようですが、フィクスチャーと骨との結合に問題がなければ、歯冠部分を取り替えるだけで済みます。

このように、構造的には天然歯と変わらないため、天然歯と同じように固いものを噛んだり歯を食いしばったりしても大丈夫ですし、顎の骨にも刺激を与えることができます。
ツイートする

Copyright (C)2018やっぱり気になる?インプラントの費用の相場.All rights reserved.