やっぱり気になる?インプラントの費用の相場

インプラント治療の可能性

インプラント治療は、日々進化をとげています。
数年前に歯科医院にインプラント治療を希望して行ったが断られてしまった、というような人でも、現在では施術可能になっているケースも増えてきているようです。
現在のインプラントの可能性を確認したいと思います。

骨の厚みや幅が足りないと言われた場合、GBR法(骨再生誘導法)という方法がとられます。
骨が不足している部分に膜を覆い、その中に骨のもとになるものをつめて骨の再生を促します。
インプラント手術の前に行われることもあれば、手術の際に一緒に行われることもあります。
この治療法によって、インプラント治療が可能になるケースが非常に増えてきています。

また、歯周病によって歯周組織が炎症をおこし、歯槽骨が吸収されてしまった場合でも、GTR法(組織再生誘導法)という方法で骨を回復させることができます。
骨を再生したい部分に膜を入れ歯肉が入ってこないようにし、骨再生のスペースを確保する方法です。
これによって、歯周病で歯周組織が衰えてしまった人でも、インプラント治療が可能な場合があります。
同じように歯周組織を回復する方法としてエムドゲイン法というものがあります。
歯肉の中にエムドゲインゲルという歯周組織の再生を促しながら吸収されるものを挿入します。
一回の外科処置で済みますが、再生部分はGTR法よりも狭くなります。

これらはすべて土台となる骨を増やす方法ですが、増やせる骨量には限界がありますので、日頃の歯周病ケアが大事になります。
ツイートする

Copyright (C)2018やっぱり気になる?インプラントの費用の相場.All rights reserved.